誕生まで 第5話

逆子対策、涙ぐましい努力…

99.10.xx

逆子になってまず困ったのは、計画していた自宅出産が困難になったことだ。逆子のままだと分類上、自然分娩ということにならず、助産婦だけでは取り扱ってはいけないという法律があるらしい。そこでなんとか逆子を直そうとShokoの努力が始まったのだが、そうは言っても最初のうちはまだまだ深刻さに欠け、いわゆる逆子体操をしたり、あとはこれまでお腹のうさに向かって語りかけていたお願いが
「11月11日に生まれてきてね」(僕)
「2600gで生まれてきてね」(Shoko)
に加えて、「お願いだから元に戻ってね」となった程度だった。しかしそうこうしているうちにアッという間に1ヶ月が過ぎ、医者には37週目までに直らないともうほとんどやばいと言われるに至り、一念発起、もうこうなったら何でもやってやる!と言う意気込みで生活改善に取り組んだのだった。

まずは早寝早起き。6時前には起きて1時間ほど散歩する。それから入浴、ストレッチを行い、その頃僕はやっとベッドから這い出してくる。朝食は野菜中心。食事を作るのは僕の仕事だ。

日中も目を疲れさせては行けないということでTVは観ない。本も読まない。整体と鍼灸に通い、夜は家でもお灸する。両足小指の先と踝の上に各7回、計28個のお灸を艾を丸めて作るのも僕の役割となった。そして10時には消灯・就寝。全く感心するくらい、彼女の人生で最も規則正しい生活を送った日々だろう。おそらく。しかしこんな涙ぐましい努力も空しく、うさは頑として元に戻ろうとしなかった。たまに戻りかかってもまたいつの間にか逆さになってしまうのだ。この頑固さはいったい誰に似たんだろう?

37週目、最後の手段とばかり、麻由美さんの紹介で外回転(外から逆子を回す技!)の権威、白石先生を頼ることにした。実は外回転を勧められたのはもう少し前で、力ずくで無理矢理回すのはうさがかわいそうと躊躇していたのだが、もう背に腹は替えられない。この白石先生、お年寄りだがすごくいい先生だったようだ。白石先生の超絶テクニックで一度は頭が下になり骨盤に収まったかに見えたのだが、何故かくるりともう半回転してまた逆さにもどってしまったそうだ。白石先生も考えられないと首を傾げたらしい。最後の手段、外回転も失敗に終わった。Shokoは白石先生の頑張りに結構感激して帰ってきたので、まあ後悔はせずに済んだけれど、Aクリニックで出産することを決意せねばならないのは気が重かった。残念、自宅出産ちょっと楽しみだったのに…

← INDEX | 第6話 帝王切開決断を迫られる →

TOPへ