誕生まで 第8話

これが我が家のバースプランだ!

99.11.07

育良クリニックでは事前にバースプランを提出し、可能な限り希望に沿ったお産をしてくれる。うちは骨盤位なので制約が多く、全て希望どおりとは行かないだろうが、せっかくなのでめいっぱい書くだけ書くことにした。以下は育良のフォーマットにしたがって書いたバースプランの下書きから抜粋。

お産についての考え方
妊娠、出産、育児は日常生活の中にある出来事と考えています。妊娠中もお腹の中で育児をしているという気持ちで子供とともに過ごしてきました。主役は赤ちゃんであると考え、赤ちゃんの主体性を尊重したいと思っています。自宅での出産を希望していましたが、逆子が直らないのであきらめました。自分の産む力と子供の生まれようとする力で行うお産、人為的な助けを出来るだけ借りずに、静かな落ち着いた環境で事前の流れを待って進むようなお産ができれば嬉しいです。
お産のためにしていること
毎日:
1時間~1時間半、他に目的を持たない散歩(早朝)
30分~1時間、ストレッチ、逆子体操
お灸。三陰交と至陰に各9回ずつ
オイルマッサージ
3~4日に1回:
シャワラーによる腸洗浄(便秘対策)
週に1回:
松ヶ丘治療院での整体
K鍼灸治療院での鍼灸指圧治療
食事:
糖分、酸化した油分を摂らないようにする。
温野菜を中心にカルシウム、鉄分、ビタミン類を多く摂る。
毎朝、温野菜を多く摂る。
夕食は軽めにする。
その他:
TV、読書はせず、目を使わないようにする。
できるだけ歩くようにする。
入院、出産に関する希望
可能な限り子供と過ごす。
母乳のみで授乳したい。
分娩後の子宮収縮剤の注射はどうしても必要なのでしょうか?
できれば薬を使いたくないし、他の方法で代替できればそうしたいです。
夫と担当助産婦の麻由美さんに立ち会ってもらうことが希望です。
夫の宿泊を希望します。
出産後の様子次第でできるだけ早い時期の退院を希望していますが、可能でしょうか?
分娩後、臍の緒をすぐに切らず、血液が流れなくなってからにして欲しい。
胎盤が自然にはがれるのを待って欲しい。
赤ちゃんにすぐ乳首をふくませたい。
産湯をつかわせずに、体を拭く程度にして欲しい。

結果的にほとんどの希望をきいてもらえたので、このバースプランは書いた甲斐があった。これはとても良いシステムだと思う。希望どおりにならないことはちゃんと事前に説明してくれる。子宮収縮剤の注射のみ、出血の多い場合は必要といわれた。なお、会陰切開はしないというのも希望だったのだが、これは逆子の場合は必須と最初の説明で言われていたので、バースプランには書かなかった。

予定日まであと3日!うさ、待ってるぞ。

← INDEX | 第9話 破水して病院へ!果たして自然分娩できるのか? →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。