自己紹介

なまえ
衣穂(いお)
詳しくは名前についてをどうぞ
せいべつ
♀(おんなのこ)
うまれたひ と うまれたじかん
平成11年11月11日午前3時11分
かあちゃん と とうちゃん
shoko & imasa
とうちゃんとかあちゃんについて
うまれたところ
東京都目黒区 育良クリニック
けつえきがた
ん?そういえば知らないや。調べたんだっけ?

名前について

いろいろ聞かれることが多いので説明しておこう

名前をつけた人
とうちゃんです。
名前の由来
「いお」は日本語ではありません。「Io」です。
「Io」を 辞書で引いてみると・・・
[ギリシャ神話]
河の神の娘。Zeusに愛された美しい少女
[天体]
木星の衛星のひとつ
「いお」と名づけた理由
ギリシャ神話のイオのように美しい娘になってほしい
ローマ字でサインするとき簡単で便利
10年位前「!(アイ・オー)」という邦画があったが、!を「I」と「O」に見立てるのが気に入った(主演の岡部まりが好きだった)。いおも「!」な子に育ってほしい
漢字の意味は
これは姓名判断に基づき、画数のよい字を選んで「いお」に当てはめた。あれこれ模索した末、姓に対し最もよい画数の組み合わせは6画+17画であるという結論に達し、「い」は母親の仕事でもある衣裳の「衣」を、「お」は17画の字が見当たらず、ちょっと苦しいが穂を「お」と読ませることにした。いざ書いてみると素朴な味わいがあるし、「衣食足りて礼節を知る」という言葉を連想させるところも意味深げで気に入っている。
世間の評判は
「かわいい名前」と言ってもらえることが多いが社交辞令かも。
怪訝な顔をする人も少なからずいる。
「いよ?」と聞き返される。
ゲーム世代はドラクエの呪文を連想するようだ。

ギリシャ神話 ~イオのエピソード~

ある日ヘラは、あたりが急に暗くなったのを見て、これは夫のゼウスが浮気を隠すための所業とにらみました。そこで雲を払ってみると案の定、夫は川の岸辺にいて、その傍らには愛らしい牝牛が一頭立っていました。ヘラはこの牛がゼウスの浮気相手に違いないと思いました。実際その通りだったのです。ゼウスは河の神イーナコスの娘イオと戯れに恋をしていたのですが、妻のヘラが近づいてくるのを察知するや、浮気を隠蔽するために娘を牝牛に変えてしまったのです。

嫉妬深いヘラは、言い訳する夫からその牛を無理やりもらって、アルゴスに監視させました。アルゴスは全身に目が100もあって、昼も夜も眠らない怪人でした。

牛となったイオは、父や姉妹が自分を捜しにきても気づいてもらえず、美しい牛だと褒められるだけでした。声を出しても牛の鳴き声しか出ません。彼女はどうにかして知らせようと、考えて文字を書くことを思いつき、蹄で砂地に「IO(イオ)」と書いて見せました。ああ短い名前でよかった!父親はその文字に気づきました。娘の変わり果てた姿を見て、嘆きましたが、すぐアルゴスに追い立てられてしまいました。

一方ゼウスは、こうした恋人の苦しみに頭を悩まし、ヘルメスを呼びアルゴスを退治しに行くよう命じました。ヘルメス神は羊飼いにばけ、牧神パアンのヨシの笛を吹いてアルゴスの100の目を眠らせ、首を切り落としました。

執念深いヘラの腹の虫はまだ治まりません。今度はイオを苦しめるために一匹のアブを放ちました。牛の姿のイオはアブに追われ、あちこちに逃げ回りました。イオニア海はイオが泳いで渡ったことから名づけられ、トラキアの海峡は、ボスポロス(牝牛の渡し)と呼ばれるようになりました。そしてとうとうナイル河までやってきたとき、ゼウスがイオのためにヘラに詫びを入れたので、それでヘラの怒りもようやく解けて、イオはもとの美しい娘の姿に戻り、そこの王妃となって幸福な一生を送りましたとさ。

両親

プロフィール

とうちゃん かあちゃん いお
ハンドル IMASA SHOKO IOP
性別
干支
星座 獅子座 蟹座 蠍座
血液型 A A
職業 会社員 衣裳 小学生
趣味
  • ボードゲーム
  • DVD
  • ウェブデザイン
旅行
  • お絵描き
  • ままごと
好きな食べ物 カレー 冷麺 スパゲッティ
好きな作家
  • 島田荘司
  • ジョン・アービング
  • デビッド・ハンドラー
  • パトリシア・ハイスミス
  • 長新太
  • 中川李枝子
好きな音楽
  • マイルス・デイビス
  • ネヴィル・ブラザース
  • デペッシュモード
  • マーク・アーモンド
  • ビョーク
  • わらべ歌
  • ドレミの歌
好きな映画監督
  • アルフレッド・ヒッチコック
  • ロバート・アルドリッチ
  • クリント・イーストウッド
  • フランソワ・トリュフォー
  • ルイ・マル
励まされる映画 北国の帝王 プリシラ アニー
メールアドレス imasa@io-p.net shoko@io-p.net