大仏

春休みに控えた奈良歴史旅行のしおりを作っているいお。表紙をどうするか思案しているようだったので、とうちゃんの修学旅行の話をした。

中学の修学旅行が京都・奈良だった。美術の時間に京都・奈良をテーマに自由に絵を描き、その中からしおりの表紙が選ばれることになった。すべての作品が廊下に貼り出されて、生徒間で投票を行った結果、とうちゃんの絵が圧倒的多数票を集めて選ばれた。ちょっと自慢。とうちゃんが書いたのは東大寺盧遮那仏、いわゆる奈良の大仏。図鑑の写真を見ながら写実的に書いた。今思えば面白みのない絵だったが、中学生的には巧い絵が良いという評価なのだろう。

そんな話に触発されたのか、いおも表紙に大仏の絵を描き始めた。資料も見ないで想像で描いているという。描きあがった絵を見せて「どう?」と聞く。大仏を正面から見た絵だが、妙に貧相な印象。おもわず「しょぼい」と率直な感想を述べてしまい、いおはふくれっつら。あわてて「大仏ってもっとでっかい感じじゃない?」と言うと、「だってこれ飛鳥の大仏だもん」と言う。いおの班は飛鳥を研究する担当なので、飛鳥大仏を描いたのだそうだ。飛鳥大仏ってどんなのだっけと、ネットで調べたら、なんといおの絵の印象の通り。細部はあちこち違っているが、本物を知っていて、いおの絵を見たら一発で飛鳥大仏とわかるレベル。何も参考にせず、学校で見た写真を思い出しながら描いたとは思えない。ちょっと驚いた。いおに「飛鳥大仏と思って見たら、すごく上手!さっきは東大寺の大仏と思い込んで見たからさー」とフォローすると、いおは得意げに鼻をふくらませた。

買い物

朝、目を覚ますと、喉が腫れて痛い。風邪を引いたか。午前中は大事をとってレメディを飲んで寝ていた。shokoが関内ホールでやってるオペラ「ヘンゼルとグレーテル」を観に来ないかというが、行けそうもない。いおも午後は友達と走りに行くと言っている。

昼近くになり、食べるものが何も無いので、いおに買い物に行ってもらうことにした。「なに買ってくればいい?」と訊くので、玉ねぎ・じゃがいも・卵・バナナ・食パンと、あと残ったお金で昼ごはんになりそうなものと告げると、「ふりかけ買ってもいい?」というので、いいよと答える。千円を渡し、「これで買えるようにね」。買い物の練習。

30分ほどで帰ってきた。いおにちゃんと買えたか尋ねると、予定のものは全て買い、お昼ごはん用にパックの納豆巻き(2本入)も買って、27円おつりと言う。意外に買い物上手だなーと感心し、どうやって買ったか話を聞くと、まず納豆巻きを買う(自分が食べたいから)と決め、玉ねぎ・じゃがいも・卵・食パン・ふりかけを加えて合計額を計算した後、バナナで調整したらしい。バナナは本数や新しさによって様々な値段が付いているからだ。いおは“売り尽くし”で5本68円というのを選んだ。88円というのもあったけど、計算が違ってて買えなかったらいやだから念のため安い方にしたという。惜しい!そっちを選んでいたら993円でもっと感心したのに。

また乗馬キャンセル

朝から雨。木曜日のたびに天気が悪くなる。今日も乗馬キャンセル。というか、いおはキャンセルの電話をするのを忘れ、すっぽかしだ。

スケートと卓球

今日はいおとスケートに行く約束をしている。shokoといおは昨日からおばあちゃんちに泊まりに行っているので、高田馬場で待ち合わせ。shokoは仕事があると言っていたが、なくなったそうで、一緒に来た。昼ごはんを食べてからスケート場に向かう。はじめは豊島園とか言ってたのだが、もっと近くにないかと調べたのが「シチズンプラザ」。スケート以外にもボーリングとかテニスとかいろいろできるみたい。

ビルに入り、いり組んだ通路を進んでスケート場に着くと、ガラス張りになっていてリンクが見える。ガラス越しに様子を見ていると、スケート教室が行われているようで、滑っている子供たちは皆、異常に上手い。中には衣装を着てクルクル回っている子もいる。いおはすっかり臆してしまい、「やりたくない。やっぱりボーリングがいい」などと言い出した。初心者お断り的な雰囲気を感じたのだろう。しかしもうチケットと貸靴券を買ってしまっていたので、滑らない訳にはいかない。

入ってみると、フェンス際でのろのろ滑っている家族連れもちらほらいて、いおも少し安心した様子。最初はおっかなびっくりで滑るというよりソロソロと歩く感じだったが、しばらくすると、shokoと手を繋いでスイスイ滑りだした。コツを掴むのが早い。shokoも中学生以来というわりには上手に滑っていた。とうちゃんはといえば、こちらも中学生以来なのだが、体重のかけ方が悪いのか、痛めている右膝が痛み出して長く滑っていられない。休み休み滑っていたが、1時間も経つともう限界で、ベンチに座って見ていることにした。

いおたちは楽しそうに滑り続けているが、見ているのもいい加減飽きた頃、ちょうどメンテナンスの時間になったので、しばらく氷上整備を見物して、切り上げることにした。

出口に向かう途中に卓球をやっている部屋があり、いおが「卓球やりたい」というので、30分限定で卓球をすることに。shokoは渋々だったが、3人で交代制でプレイする。最初はいおはまともに打ち返すことが全く出来ず、隣のテーブルに迷惑かけっぱなしだったが、しばらく続けるうちにこれもそこそこ上手になってきて、少しはラリーが続くようになった。とうちゃん相変わらず膝が痛かったが、スケートと違って試合形式だとついつい夢中になり、痛みを忘れて動いてしまう。卓球30分くらいと甘く見ていたが、終わったら体ががくがくだった。

乗馬キャンセル

今日、乗馬レッスンをキャンセルしてもいい?」と、いおが訊く。昨日の雨で、馬場がぬかるんでいるのが嫌なようだ。この間、雨の後のレッスンで、買ったばかりの拍車がドロドロになったのがよほど嫌だったのだろう。ちょっと前までは雨が降ろうが絶対行くと言っていたのに、すこし乗馬熱も冷めてきたか。

TOPへ